ホクト建設用語集

業務でよく使う用語はこちらから調べることができます。
随時更新、追加していきます。

施工体制台帳

更新日:2020.05.11

読み:せこうたいせいだいちょう

元請・下請・孫請など工事施工を請け負うすべての業者名、各業者の施工する範囲・技術者名などを記載した台帳をいう。建設業法により特定建設業者は、発注者から直接請け負った建設工事、下請代金の総額が4,000万円(建築一式工事は6,000万円)以上になる場合は、公共・民間工事を問わず施工体制台帳を作成することが義務づけられている。現場に備え付けることも必要。